求める人財像と先輩の声

グッドフェローズは、スタッフと利用者さんのチームワークがよく、お互いに尊重し合い、成長出来る会社
求める人財像と先輩の声

グッドフェローズには譲れない2つの重要なことがあります。

一つは経営理念。もう一つはクレドです。

経営理念は会社の存在価値を言葉にあらわしたものです。クレドとは、ラテン語で「志」、「信条」、「約束」を意味する言葉です。

経営理念は多くの会社で掲げられていますが、掲げていただけでは経営理念が企業活動の隅々において、実行されません。
そこで、経営理念を具体的な行動基準にしたクレドが必要となります。

経営理念とクレドは会社の法律のようなものです。
正社員、パート、アルバイトがそれを遵守するのは当たり前ですが、社長がもっとも大切なこととし、実戦をしています。

ですので、グッドフェローズに入社したい方は、経営理念とクレドに賛同し、それを実践してくれることが最も重要な条件となります。

仕事の知識やスキルは経験を積めば、どんどん積み重なって行きます。経営理念とクレドの賛同は「Yes」or「No」のどちらかです。
読んでいただき、「Yes」であれば、是非、ご応募下さい。

経営理念
・すべての従業員とその家族を幸せにします
・すべての従業員と夢を共有し実現します
・障がい者、高齢者と共に働き活躍できる地域社会を創ります

クレド※クリックすると中身をご覧戴けます

グッドフェローズの経営理念には人はお金儲けのためだけに仕事するのではない、という考えがあります。

私たちは大きな目的、志、夢を持って人生を価値あるものにするために、使命感をもって働いています。
そんな私たちは会社という組織をもっと暖かく、かつ厳しさも持つ「大家族」という捉え方をしています。
そんな家族に新しく仲間を迎え入れたいと考えます。

私たちの家族は、つながりを大事に活動し、おたがいの気づきや成長を大事にしています。

また、どんどん成長するであろう人を大事にします。
有能であることも大切ですが、それよりも素直な人を大事にします。素直な人は先入観や固定観念なしに、人やいろんな事を受け入れます。
良い事を素直に受入れ、挑戦する。自分の成長だけではなく、目の前の人の良い所を見抜き、その人から学び、
そしてその人をサポートをすることで周りの人まで成長させます。

そして、挑戦者を大切にします。
失敗を恐れて挑戦しない人よりも、失敗をしてもそれを恐れずに挑戦し続ける人を応援します。失敗はプラス受信プラス発信プラス思考すれば、活きてきます。

ピンチはチャンスという言葉がありますが、困難を前向きな気持ちで乗り越えていく、元気さと明るさがあるエネルギッシュな人財を求めます。

グッドフェローズでは、すべての社員にチャンスを与えたいと考えていますので、すべての社員にプロジェクトを立案し自らが
プロジェクトリーダーになってもらう機会があります。是非、みなさんのやりたいことをプロジェクトにして、自分の可能性に挑戦してみて下さい。

プロジェクト活動を通じて、そして日常の業務活動を通じて、感じた様々なことを貴重な意見として、会社は耳を傾けます。
現場で感じたことが、より良い企業風土に進歩しますし、良い企業風土を作れば、私たちに関わる方々のお役に立つことができ、
それが地域に貢献することになるからです。

グッドフェローズで皆さんの可能性を地域貢献という形で示してみませんか?

先輩からの新卒の皆様へのメッセージ

丹頂 和美

所属:舞子事業所
役職:サービス管理責任者
(2012年入社)
1.今どんな思いで仕事に打ち込んでいるか?
仕事を楽しむ気持ちを忘れないようにしています。自分が楽しめば周りの人も楽しくなると思います。誰かに私の存在が必要だと思ってもらいたいです。私の存在で元気になる人が一人でも増えたら良いと思って仕事をしています。
2.グッドフェローズで働くことの魅力
使命感を持って仕事が出来ると思います。一緒に成長していきましょう。

中尾 友香

所属:明石事業所
役職:サービス管理責任者
(2013年入社)
1.今どんな思いで仕事に打ち込んでいるか?
自分自身の中で「できない」という思い込みを捨て、壁を作らず、いろいろな可能性を考えてチャレンジしています。出来ない理由は、それをクリアすれば出来ることになります。もっとメンバーさん(障がい者の皆さん)の可能性も広げられるようにしたいと思います。
2.グッドフェローズで働くことの魅力
老若男女、いろいろな方々がグッドフェローズで働いています。たくさんの人から学ぶことが出来て、他にも研修などで学ぶ機会も多く、自分を成長させることができます。また障害のある方々が変わっていく姿もみることができます。いろいろな苦難はありますが、みんなで助け合って、ピンチはチャンスでいろいろな壁を乗り越えていき、ともに成長できていると実感し、喜びも感じられる会社です。

藤原 佳澄

所属:西明石事業所
役職:サービス管理責任者
(2014年入社)
1.今どんな思いで仕事に打ち込んでいるか?
障害福祉の仕事は、私達の支援次第で可能性を導きます。「この方にはこんな力があり、伸ばしていきたい」「この方には、想像以上にこんな力があったなんて、すごい」と、日々、色々な発見、経験ができます。何をするにも、日々の積み重ねが大切で、自分の思いが利用者さんに伝わった時は、喜びも大きいです。一人一人の利用者さんとしっかり向き合い、個性、障害特性に合わせて、個別目標の設定、その目標に沿った支援を行う事を常に念頭に置きながら、お互いが成長できたらよいなと思い、仕事を行っています。
2.グッドフェローズで働くことの魅力
私たちは、お互いに良い所を認め合い、時には厳しく注意を行い、時には励ましたりして、個々の力を十分に発揮できるよう、日々努力を行っています。身体、知的、精神障害をもった方と、作業支援を通じて、作業スキル、効率性、職業マナーやコミュニケーション能力を高めたりと、色々な事を経験していく過程で、お互いが成長でき、信頼関係が築けたりします。こうした、お互いが励まし合い、協力しあい、成長していける職場が、グッドフェローズの魅力だと思います。男女共に、幅広い年齢層の方と一緒に働けるのも、魅力的です。皆さんも、ぜひ、このグッドフェローズで一緒に楽しく働きましょう!!

PAGE TOP